商品情報

ライトウェイプロダクツジャパン㈱ 企業情報

2011自社商品習熟プログラムレポート_ユウ


ユウ:27歳

【身長】 172cm
【スポーツバイク暦】 3年くらい 
【バイク】 2011 GT ディストーション1.0
【自分を一言で言うと・・・】 おっちょこちょい

 

  ・インプレバイク:2011 GT ディストーション1.0 
  ・サイズ:M



試乗場所:家の近辺 相模湖プレジャーフォレスト 


感想:
 数年前よりダウンヒルマラソンなどにも参加しフルサスペンションバイクに乗っていましたが、以前所持していたのはXCモデルのためより激しく乗れるモデルでなお且つトップチューブの大きく下がった見た目にひかれディストーションを選びました。 2.0か1.0で迷いましたが、ブラックで統一されたクールな印象だったので価格差がありましたが、上のグレードの1.0にしました。もともと持っていたクランクブラザーズのブルーのホイールやグリップを合わせるためにブラックのフレームにしたにも関わらず、到着し箱を開けるとカタログとは違い全体的にオレンジのパーツで構成されており、当初の改造計画をやめほぼノーマル状態で乗っております。
 最初の乗り心地としては、非常に足つきが良く、特徴であるショートストロークのRサスも柔らかいハードテールに乗っているような印象です。


   
 本格的なスロープスタイルの技をすることはできませんが、ジャンプくらいは今後できるように練習したいです。 実際に相模湖プレジャーフォレストで乗りましたが、初心者向けのコースではちょうどいいストローク量と私のような未熟なものでも楽しむことができました。以前持っていたものとは全く別の乗りもののようでした。頑丈なフレームのため激しく乗ることにも気にならず、細かいことは気にならない男らしいバイクです。
   

 不自由な点としては、自転車の家での保管は室内に自転車用フックに引っかけているのですが、フレームの前三角が非常に小さいため引っかからず、あえなくベランダに保管することになったことです。保管場所が今後の課題です。
 部品を変え自分にあったオリジナルバイクにし、今年もダウンヒルイベントや山に行く機会を増やしていきたいです。機能面もありますが、何より見た目で選んだバイクですので満足しております。
 

関連ページ

[自転車] ディストーション 1.0

掲載している情報は、記事執筆時点のものです。価格やスペック、その他情報は変更になる場合があります。

ライトウェイ-自社製品習熟プログラムへ戻る