アメリカのロードバイクマガジンでGTのグレードが高評価

GTのグラベルロードのグレード(GRADE)がアメリカの雑誌でインプレッションされました。

GT グレード インプレッション

以下記事の概要を紹介します。

スペック、フレーム特徴

グラベルロード

GTのグレードはリラックスジオメトリーとロングホイールベースが特徴のグラベルロードバイク。

510mmのサイズで1017mmというかなり長めのホイールベース。

ヘッドアングル69度、シートアングル74.5度でアップライトなポジションでゆったりと乗れる設計。

特徴的なシートステイ形状はGT独自のトリプルトライアングル形状で、路面からの衝撃を効果的に吸収するデザイン。

一般的にシートステイ内部は中空ですが、グレードはグラスファイバーによって内部が補強されている構造。

これによって、細いステーでカーボンのしなりを最大限生かしながら、強度を保っている。

 

グレードに実際に乗ってみると、特に荒れた路面での安定性に優れている。

ロングホイールベースとフォークアングルの設定により、フレーム剛性はダウンチューブ、BB、チェーンステーが一体になっているような、強さを感じさせてくれる。

 

まとめ

GT グレード インプレッション3

グレードはロードレースのためのバイクではありません。

その代わりにロングライドやオフロードの走行性能がハイレベルな特徴を持つ個性的な1台。

カーボンフレームにかかわらず、フェンダーやキャリアマウントがあるので、ツーリングにも活躍してくれます。

まさに1台でロードバイクの楽しみを広げてくれる素晴らしいモデルです。

 

 

 



参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (9 votes, average: 4.67 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+