アドベンチャー記録ビデオ「GP-1200 ジローナ~ポルトガル サイクリングチャレンジ」を公開、日本語字幕も選択可能

ヨーロッパで育ち、世界中で支持されるオランダのサイクルパーツ総合ブランド「BBB(ビービービー)」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパン株式会社(本社 東京都豊島区、代表取締役社長 髙島義人)は、BBBアンバサダー、ジャック・トンプソンのアドベンチャー記録ビデオ「GP-1200 ジローナ~ポルトガル サイクリングチャレンジ」(日本語字幕付)を公開いたしました。

このアドベンチャー記録ビデオは2019年に行われた「GP-1200 ジローナ~ポルトガル サイクリングチャレンジ」の記録です。

「GP-1200 ジローナ~ポルトガル サイクリングチャレンジ」とは、2019年10月7日にスペインの東海岸にあるジローナからスタートし、「世界メンタルヘルスデー」の10/10に合わせてポルトガルまでの1,200㎞、獲得標高11,910mをノンストップで走り切るサイクリングチャレンジです。
この過酷なアドベンチャーは、10/10に制定されている「世界メンタルヘルスデー」を周知させる目的で行われたものです。

今回公開されるビデオでは、ジャックは彼自身の過去の薬物使用経験や、うつ病との葛藤、また自転車を通しどのようにしてそれを克服できたのかをオープンに素直に語っています。

ジャックは今回のチャレンジについてこのように話しています。
「ジローナからポルトガルまでノンストップで走るという過酷なチャレンジであっても、10代前半頃の私のメンタルヘルス障害との闘いに比べれば、何でもないことです。このビデオをご覧になり、私の物語を共有した皆様が自分の限界に挑戦し、幸せを手にするきっかけになればいいなと思っています。」
アドベンチャー記録ビデオ「GP-1200 ジローナ~ポルトガル サイクリングチャレンジ」(日本語字幕付)は、以下リンクでご覧いただけます。

Youtubeビデオ
(日本語字幕付/12分28秒)

※日本語字幕が表示されない場合、Youtube画面上の「設定」アイコンをクリックし、「字幕」から「日本語」を選択します。

 

【ジャック・トンプソン(BBBアンバサダー)について】
地球上で最も過酷な長距離ライドに挑むサイクリスト。西オーストラリア州パースで生まれ、現在はスペインのジローナ在住。2015年よりウルトラサイクリング(超長距離のサイクリング)の限界に挑戦し、現在では世界中のメディアから「地球上で最もエクストリームなサイクリスト」と評されています。

これまでに以下のような極限のチャレンジを完走しています。
・2017年 – 12ヶ月間で50,000kmのサイクリングを達成
・2018年 – 台湾KOM(4xノンストップ – 720km&標高13,600mを56時間で走る)
・2019年 – エベレスティング3カ国3日間(71時間の全移動を含む880km&標高26,768m横断)

2019年のエベレスティングプロジェクトについては、以下のリンクで日本語字幕付き記録ビデオをご覧いただけます。
The Grand Tours Everesting Project(日本語字幕付/10分53秒)

ジャックは彼の挑戦を記録した映画や、世界中のイベントで話すことを通して、彼が自転車に乗ることによってうつ病や精神疾患を克服した方法を共有し、メンタルヘルス障害の社会的な問題について人々の関心を呼び起こすことを熱望しています。

BBB Jack Thompson 紹介サイト(英文)

Jack Ultra Cyclist ウェブサイト(英文)

BBBブランドサイト

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter