All New Fury
ワールドクラスのGTアスリートに導かれた新しいサスペンションプラットフォーム「LTS」を搭載して、Furyは世界最高、過去最高に「Fun」なDHバイクに仕上がった。シッティングだろうがスタンディングだろうが、バイクの挙動が変わらない。言ってしまえば、バイクの存在なんて忘れてライディングに没頭できるのが新しいFuryだ。
新LTSサスペンション
GTの伝説的なサスペンションプラットフォーム「LTS」が、現代に求められる性能をすべて搭載して復活。目指したのは、走破性、路面追従性、ブレーキ性能を更に高めること。サスペンションシステムのプログレッシブ設計により、動きを掴みやすく、コントローラブルで、スムーズなライディングが完成。
LTSと他社の4バーリンケージサスペンションの違いは?
神は細部に宿る。4バーリンケージは設計度の高さが強みであり、味付けによりまったく異なるバイクが仕上がる。目指したのは、動きが掴みやすく、体の一部のように乗りやすい、つまり「Fun」なバイク。キックバック、フレームのスムーズな作動、サスペンションの動きに注目することで、GTらしいライドフィールを実現した。
アイドラープーリー
FuryのLTSはハイピボットを採用している。ハイピボットは、サスペンションが反応するとリアホイールが斜め後方に作動してスピードを殺さない優秀なシステムだ。しかし同時にチェーンを逆方向に引っ張るキックバックが発生してしまう。チェーンの動く方向を変えるアイドラープーリーが、この問題点を解消した。
FLIP CHIP システム
今日はどんな気分?どこに走りに行く?LTSは、シーンとライディングスタイルによって、バイクのジオメトリーを調整できる。もちろんサスの動きはスムーズなまま。Hi=路面とのクリアランスを確保し、ペダリングしやすい。Low=よりアグレッシブな高速ダウンヒルに最適。
GROOVE TUBE ケーブルルーティング
すべてのケーブルをダウンチューブ上部にスマートにルーティングした「GROOVE TUBE」。小枝の引っ掛かりや岩のヒットからケーブルを守りつつ、メンテナンス性が大幅に向上した。
ラインナップ・スペック
FURY FRAME(フューリー フレーム)
価格 448,000円(税抜)
カラー ブルーFURY FRAME ブルー
サイズ S(400)、M(420)、L(440)
重量 n/a
フレーム Fury カーボン、LTSダウンヒルデザイン、190mm トラベル (29”) | 200mm トラベル (27.5”)、BSA 83mm、1.5” ヘッド、Boost 12×148 スルーアクスル、225x75mm トラニオンマウント、ISCG05
フォーク
ヘッドセット Integrated FSA Sealed Bearing
ステム
ハンドルバー
リアショック Fox Factory Float X2、225x75mm トラニオン
シフター
フロントディレーラー
リアディレーラー
クランク
BB
スプロケット
ブレーキレバー
ブレーキ
サドル
シートポスト
リム/ホイール
ハブ
スルーアクスル
タイヤ
アクセサリー シートクランプ、0mm and +/- 3.5mm Offset ヘッドカップ、12-15T アイドラーコグ、ダウンチューブプロテクター、e.thirteen GT Fury LG1 Plus(38T バッシュガード、アルミブーメラン付属)
ジオメトリ LOW
サイズ S(400) M(420) L(440)
ホリゾンタル換算トップチューブ長 (cm) 55.7 59.5 62
ヘッドチューブ角 ( ° ) 62° 62° 62°
シートチューブ角 ( ° ) 74.5° 74.5° 74.5°
ヘッドチューブ長 (cm) 10.5 10.5 10.5
BBドロップ (cm) 1 1 1
BBハイト (cm) 44.8 44.8 44.8
チェーンステー長 (cm) 43.5 43.5 43.5
フロントセンター長 (cm) 78.8 82.6 85.1
ホイールベース (cm) 122.2 126 128.5
スタンドオーバー高 (cm) 70 72 74
フォークオフセット (cm) 5.2 5.2 5.2
リーチ (cm) 40.7 44.5 47
スタック (cm) 61.6 61.6 61.6
適応身長目安 (cm) 160~175 170~185 180~195
Flip chipのハイポジションを使う場合は、ヘッドアングルが0.5°上がり、BBが6mm上がり、リーチが5mm長くなります。
カラー・バリエーション